»

11月 02

見合いできないペアーズ男性のもんは

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのも選択肢の一つです。

別れる決心がついている場合は、実行する余地はあるかもしれません。

問題なく探偵が調査をしていても、残念なことに依頼者の気持ちが先行してしまい、相手に余計な警戒心を与えてしまって証拠集めがやりにくくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

浮気調査を探偵に依頼しても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。

うまく行かなかったときの報酬についても、調査する前に契約書に盛り込むことが必要なのです。

探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗しない保証がごく稀にあります。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠入手が困難です。

浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、場合によっては1週間から1か月くらいかかってしまうこともあり得ます。

一方で、浮気するだろうという日があらかじめ分かっているなら、一日で調査が終わるなんてこともあります。

同一電話番号から電話を頻回に繰り返し、また定期的にまた電話をかけ直していたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。

その後、その電話番号の持ち主を突き止めるだけでいいのです。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

探偵に浮気の調査を要請して、疑いようもない明確な証拠が手に入れば、配偶者とその不倫相手に慰謝料の請求も可能です。

パートナーが信用できなくなってしまうとこの先の長い時間を一緒に過ごすことはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

さらに、原因である不倫の相手に慰謝料を請求したならば別れさせることも難しくはありません。

わけもわからず自分で動き回るよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

しかし、相手に問い詰めても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。